WEBライティング実務士は難易度低|推し資格NO1の理由 

 

ヒューマンアカデミーたのまな

【冬直前キャンペーン】

 

内容:10~15%OFF

期間:11月24日~12月5日まで

対象:WEBライティング、保育士、医療事務他多数

条件:詳細は以下のボタンからチェック

 

▼ キャンペーン画像をチェック

 

こんにちは!リモート研究所 所長のwakuzoです。

 

+ wakuzoはこんな人

20年勤めた会社をアラフィフで退職と、セカンドキャリアをWEBライター、WEBデザイナーとしてスタートしました。人事・事業部長で積んだ経験とWEBで稼ぐトライをゼロから始めた体験を踏まえて、資格取得に挑戦するチャレンジャーを応援するサイトを運営しています。

このコンテンツで紹介する3資格を自身で取得した上で記事を書いています。

WEBライティング技能検定

合格通知写真

WEBライティング技能検定

コロナの影響で、生き方とか仕事の仕方、住む場所などを見つめなおす人が増えているようです。

20代の世代でも地方移住を考えている人が3割いる、、、そんなニュースを今日耳にしました。

リモートワークをした後に、出勤がつらいとか、リモートでの仕事のほうが生産性が高いから出社する価値が見当たらないとか、、

 

コロナ禍の前と後で「人の価値観」が変わろうとしています。

 

そんな中、個人個人に問われるのは、今現在の「人生観」や「仕事観」が果たして正しいのか?

コロナ禍で増えた自分時間を使って、立ち止まって考え直す「良い機会」にしたいものです。

難易度は低いけど、WEBで稼ぐためにメリットのある資格をご紹介します!

WEBで稼ぐ為の資格

難易度は低いけど、メリットのある資格はない?

難易度は低くても、あなたの人生を支えてくれる資格はあります。

誰かの通った道を追い求める事が「成功」と呼べたのは過去の事。

社会に必要とされる資格を取得して

明るい将来を手に入れましょう!!

ライティングで稼ぐなら

たのまなの「WEBライティングコース」

難易度低め

オンラインで完結

Macbookセットも選べる

\WEBライティング実務士としてライター業の一歩を踏み出そう/

たのまなWEBライティング公式ページ

たのまなへ資料請求

「WEBライティング技能検定」推し資格NO1の理由

 難易度が低く、勉強をすれば誰でも合格を狙える
 模試3回分の費用が含まれていて、かつ更新なしでお得
 模試、本試験ともにオンライン(在宅)で受験可能で安心

WEBで稼ぐのに有利な資格3選 難易度の低い順に紹介

wakuzo
どの試験も他の難関資格と比べ簡単な部類の試験です。受験して見てリアルに感じた難易度を★の数で表示、簡単なものからご紹介します。
3つともわたし個人が受験し、合格した感覚的な判断も含まれているのでその点はご了承ください。

 

 1位:WEBライティング技能検定

【平均合格率46.5%】

難易度ランク

受講料合計

更新

学習期間・勉強時間

41,000円

無し

6か月・30時間

(受講料合計は受講料32,000円、検定費6,000円、合格証発行費3,000円の合計)

+ Surface付コース

Surface付、タイプカバーとペンセットで213,500円

(検定費6,000円、合格証発行費3,000円は含まない料金)

一度取得すれば一生ものの民間資格で、「WEBライティング実務士」を名乗れます。

難易度も低く、幅広くライターとしての勉強が出来ることから1位としました。

一般常識、漢字、マナー、SEOのことなどライティングスキル以外のことも広く学べるので、これからWEB業界でお仕事をして稼ぎたい方にとっては、取得して損のない資格です。

人に伝えるスキルはWEB上での仕事でも必要不可欠なスキルだからです。

体験レビュー詳細☞WEBライティング技能検定 3タイプ別合格スケジュール

「WEBライティング実務士」が得られるメリット

  • 協会が提携しているクラウドソーシングで特典をGET。
  • 「副業セミナー」をオンラインで無料受講
  • 在宅で完結、最短2カ月で取得を目指せる。

難易度低め、手軽にとれる民間資格にチャレンジ

「WEBライティング技能検定」推し資格NO1の理由

 難易度が低く、勉強をすれば誰でも合格を狙える
 模試3回分の費用が含まれていて、かつ更新なしでお得
 模試、本試験ともにオンライン(在宅)で受験可能で安心

WEBライターコース公式ページ

資料請求(無料)ページ

+ お得に申し込めるキャンペーン詳細

合格率も高く難易度低め、だれにでも合格の目指せる資格の1つです。ヒューマンアカデミーの通信講座たのまなのテキストはとても勉強しやすいかたちでまとめられていて安心して学習できます。100%自宅に居ながら取得出来るのも特徴の1つです。

「在宅ワークスタートパック」のコースで、忙しい主婦や学生、ゼロから在宅ワークを始める人に人気のコースです。

wakuzoも2020年取得!晴れてWEBライティング実務士に(^^)/

WEBライティング技能検定は毎月WEB試験を実施しているので

勉強のペースに合わせて受験可能

模試も計3回あって、本試験も含めて全部オンラインで完結出来ます。

資料請求(無料)ページ

2位:WEBライティング能力検定

【1級合格率35%前後】

難易度ランク

受講料合計

更新

13,500円

あり(2年毎手数料12,000円)

(DVDセットは19,800円)

WEBライティング能力検定は簡単な方から3級、2級、1級とあり、1級の場合

1位のWEBライティング技能検定よりも合格率は低く難易度は高めです。

受かるかどうか不安な方は、難易度の低い3級から合格を目指すのもよいかもしれません。

WEBライティングについて総合的、体系的に学ぶ事が出来る民間資格で、特徴として2年ごとに更新が必要です。

テキストは130ページですが、一般的なビジネスの基礎知識から日本語の文法まで幅広い知識が問われるので、難易度ランク2.0に評価しました。

WEBライティング技能検定と混同しがちな名称ですが、違いについては詳細を別記事にまとめています。☞WEBライティング検定 2つの民間資格を徹底比較

2年ごとの更新もあるため、継続して勉強が必要なところは企業側の視点で見ると「良いところ」ではないでしょうか。

WEBライティング能力検定
1級合格者が得られるメリット

  • 紹介者割引の報酬が通常の2倍に(通常1500円が3000円)
  • 全国で行われている試験監督者になれる(報酬あり)
  • 協会を通して仕事を紹介して貰えます

第36回WEBライティング能力検定

次回試験に向けて早めのスタートをおすすめします!

試験日:2月26日(日)
申込期限:2月12日(日)17時
合格発表:3月10日(金)まで

限定割引】について詳細を見る

3位:ファイナンシャルプランナーFP技能士2級

【合格率40%前後】

難易度ランク

受講料合計

更新

72,000円

無し

(受講料合計はユーキャン受講料64,000円、FP技能士受験料8,700円の合計)

合格率はまあまあ高い数値ではありますが、ゼロから勉強する場合広範囲の学習が必要となるので難易度ランク3としました。

wakuzoは2021年、FP技能士2級に合格しましたが、WEBライティング技能検定、WEBライティング能力検定を比べて比較にならないくらい勉強しました。

難易度ランク2としましたが、体感的には上記のWEBライティングの2つの資格の3~4倍は勉強時間を確保したほうがよいと感じます。

FP技能士2級合格者が得られるメリット

  • FPは「時代が求める資格」、自分がお金の専門家になれます。
  • 国家資格「FP技能士2級」があれが、就職・転職の際、有利に働きます。
  • 独立系FPを目指せば、幅広い分野で活躍を目指せます。

資格はやっぱり国家資格でしょ!!という方

ユーキャンFP詳細

wakuzo
WEBで稼ぐ資格として若干唐突感が否めませんが、FP技能士の資格は生活する上でとっても身近なお金のプロフェッショナルです。アイデア次第でお金の悩みを解消できるので、切り口が豊富でビジネスにつなげやすいのも特徴の1つです。

「生涯学習のユーキャン」資料請求

資格のメリット!どんな時に有利?3ケースを紹介

フリーランス写真

wakuzo

ちょっと、考えてみて下さい。

職業に関連する資格Aを持っている人と資格を何も持っていない人が同時に面接を受けに来たとします!

他の条件は全く一緒!!と仮定。
(ありえないことですが、話を分かりやすくする為)

履歴書も、面接の受け答えも一緒、、

では、どちらを選ぶか?

やっぱり、資格を持っている方のほうですか?
そらら
wakuzo

そうです!
現実的にこんな条件はないんだけど、その他の条件がまったく一緒なら間違いなく資格を持っている人を採用します。(その資格の難易度は関係ありません)

なぜか?

その資格を取るために勉強をし、大切な時間やお金を費やしている証の1つと考えられるからです。

端的にいうと、
「資格は無いより有ったほうがいい」ということ。

具体的には、どんなふうに有利になりますか?
面接で有利になることの他にありますか?
そらら
wakuzo
そうですね、
面接以外でも有利に働くケースがたくさんあるので、次の項目でまとめてみましょう!!

ケース1 クラウドソーシング案件を受注するとき

自己紹介欄に所持する資格を記載することでクライアントからの信頼を得ることが出来ます。

特に、経歴の浅い人が仕事をスタートする際には、有力な武器となるでしょう!

ケース2 既にお仕事をしている方は信頼度アップに繋がる

既に実績もあり、お仕事を任されている方が資格取得したケース。

「名刺を新しくしました!」と言って資格入りの名刺を渡すだけで、インパクトあり。

仕事をしながらも向上心のある人、努力を惜しまない人というクライアントからの信頼アップが期待できます!

ケース3 今の仕事を辞め、新たなステップを踏み出そうという方

実績や経験を積み重ねても、いつかは定年があります。

企業に属する働き方を卒業し、自らの力で稼げる「フリーランス」や「起業」を目指す方には確かな武器になります。

理想は「仕事をしながらの資格取得」。きっと合格へむけて努力する時間があなたに自信を与えてくれるはずです。

たくさんのメリットがありますね。
大切なのは、その資格を取得して何をするか?です。
どんな生活を目指して、その手段として資格をどのように活かすのか?を明確にしておきましょう。
資格は取ったけど、眠っているということを避けるために(^^)/

資格の難易度と職業の需要について

資格の難易度が高ければ高いほど、その資格取得者の需要は高まります

資格取得者の人数は少なければ少ないほど、価値が高まるのは絵画のオークションや高価なコインと同じです。

 

ただ、今回ご紹介した資格のように「難易度は低いけれど、需要が高まっている資格」もあります。

資格保有者のニーズが急に大きくなって供給が足りていないケースです。

 

プログラマー、WEBデザイナー、WEBライター。

WEBに関わる業界は常に人材不足、専門スキルを持った人材は取り合い状態。

 

解り易いように30年前と比べてみましょう。そもそもそれらの職業自体が認知されていなかったかもしれません。

10年前、5年前と比べても我々が毎日目にする電子情報は増えていると感じませんか?

スマホ無しでは生活すらままならない、そんな風に感じる方も多いかもしれません。

 

その情報の発信にはプログラマー、WEBデザイナー、WEBライターが関わっていて、それらの専門スキルを持った人達のお陰で我々は当たり前のようにスマホから情報を見る事が出来ているのです。

そして、今後5年、10年、20年とさらに需要は高まっていく事が予想されます。

 

プログラマーはちょっと厳しそうだけど、WEBデザイナーやWEBライターならわたしでも出来そう!

と言う方には、ライティングについての知識をインプットしておくことで大きなアドバンテージを得る事が可能です。

 

また、少子高齢化社会になり「お金」にかかわる不安をどのように解決していくか?が多くの人の課題となっている今。

お金の専門家」として様々な不安を解決できるFPの需要は今後も高まっていくことが予想され、社会にも自分にも役立つFPは大きな価値を生み出すことでしょう。

wakuzo
取得する資格は、難易度が高ければよいということでもありません。

難易度だけで選ぶのではなく、世の中の需要、身近な人から必要とされる資格なのか?という視点で考える事をおすすめします。

「資格」があれば稼げるの?有利になるの?

そらら
そもそもの話ですが、資格がれば稼げる人になれますか?

残念ながら答えは「NO」です。

理由は「資格」は道具の1つに過ぎないからです。

なるべくわかりやすいようにその理由をお伝えします。

wakuzo

資格があれば稼げるはウソ

wakuzoは企業に勤めていた時、人事の仕事もしていたため1年で500人から1000人くらいの人の面接をしていました。

そこで感じた違和感。難易度の高い資格を持っている人が言いがちな主張。

それは「〇〇として立派になる」「立派な〇〇になる」(〇〇は資格)という方がそれはそれは多いことです。

 

「資格は道具(ツール)に過ぎません」

「その道具を使ってどういう仕事をするかは、自分次第」

 

面接で感じた違和感は「資格がただの道具」という理解を多くの応募者が持っていなかった為。

どんな難関資格に合格しても「それだけで稼げるわけではない」。

その理解をしておかないと、「頑張って難関資格を取得して損した」みたいケースが起こりえるわけです。

 

難易度が高いとか低いとか、関係なしに言える事が1つ。

ココがポイント

結論:資格が稼いでくれる訳ではなく、資格を生かせる人が稼げる人になる。

有利になるかどうかは難易度に関係なく「その人が資格を使いこなせるかどうか」で決まるということです!

資格を取得する意味は?

それではなぜ資格取得を目指すのか?

不思議ですか?

学校に通ったり、通信講座に申し込んで、労力、お金、時間など大きな犠牲を払ってまで「なぜ資格を取得するのか?」

 

理由は大きく分けて2つ。

1つ目の理由は「資格取得したら門戸が開かれる舞台がある」からです。

例えば社労士や行政書士。

国で定めた独占業務と言う決まりがあり、社労士や行政書士に合格してはじめてその業務に携われる仕事があります。

(独占業務が定められているのは社労士や行政書士だけではなくここではあくまで事例としてあげています。)

経験がなくても、資格取得をする事でその独占業務をすることが許されます。

業界への入り口、扉が開かれる、そんなイメージで理解して頂いても良いのかもしれません。

関連記事
ビジネスで活きる資格とは?独占資格をすすめる絶対的理由

続きを見る

2つ目の理由は「資格取得したらその業界で専門知識があると認められる」からです。

例えばWEBライター。

ライターには国家資格はなく民間の資格のみで、もちろん独占業務などの国の定めもありません。

そんな業界の中で、五万と活動するライターさんがいらっしゃいます。

 

そのライターの中で差別化を図れるとしたら何があるでしょうか?

〇 ライターとしての経験(年数や執筆活動歴)

〇 ホームページやブログなどの読者数

上記の2つも立派なアピールにはなりますが、もう一つ加えられるのが「資格」です。

発注者側からライターを選ぶ時に、以下のどちらの人がよいでしょうか?

独学や経験だけでライティングをしている人

ライティングについて資格を取得、基本から学んでさらに自分で経験をしながら知識とスキルをブラッシュアップさせている人

一概には判断できないかもしれませんが、「資格」が対外的にプラスに働くケースは多分にあることは理解して頂けるのではないでしょうか?

関連記事
WEBライターでよかったと思う瞬間ベスト10!憧れノマド

続きを見る

ココがポイント

結論:

■ 資格取得者にしか立てない舞台に立つことが許される(独占業務があるケース)

■ その業界で多くのライバルと差別化をはかる手段として資格は有効。

結論:資格は道具(使いこなせなければメリットなし)

資格は道具。

持っている道具(武器とか工具)をどうやって使うかは自分次第。

世界最高の道具を持っていても、使いこなす技術や体力がなければ無意味ですよね(^^)

 

難易度が高い、低いに関わらず、その大切な道具をどのようにつかいこなすのか?

仕事で成果を出せるかどうかは、最後は「資格」そのものではなく、「その人」の能力に左右されます。

wakuzo
世界最高の剣を所持することを目的にしてはいかん!ということです!
それでも、資格の勉強のためにお金を払ったり、学校に通ったりするのはなぜですか?
そらら

道具を手に入れるために、なぜお金を払ったり、時間を費やしたりするか?

その道具は使い方によって「役立つ」からです。

実際に私も「ある資格」があったことで人生が開けましたし、世の中で活躍している多くの人が資格保有者というのがその証でもあるのです。

WEBライティング実務士が推し資格NO1の理由まとめ

クラウドソーシング・在宅ワークなら【Craudia(クラウディア)】

ライティングからサイト制作まで【Bizseek】

「WEBライティング技能検定」推し資格NO1の理由

 難易度が低く、勉強をすれば誰でも合格を狙える
 模試3回分の費用が含まれていて、かつ更新なしでお得
 模試、本試験ともにオンライン(在宅)で受験可能で安心

wakuzo
どうでしたでしょうか?難易度は低いけどメリットのある資格を3つご紹介しました。わかってもらえましたか??
う~~ん、なんとなく、ですかね(^^

ゆうみも学校にいる間に、何か1つ資格取得をめざそうと思いました!!

そらら

勉強、アルバイト、サークルなど忙しいとは思うけど、時間を作って資格取得すると、将来取って良かったと思う時がくると思いますよ!

資格取得は結構エネルギーが必要ですが、将来の自分に投資するつもりで挑戦してみてはいかがでしょうか!

まとめ

  • 資格は道具!!資格が稼いでくれるのではなく、稼ぐのは自分
  • 難易度は低いけどメリットたくさんの資格3選
    1位:WEBライティング技能検定(民間資格)難易度1.0
    2位:WEBライティング能力検定(民間資格)難易度2.0
    3位:FP技能士2級(国家資格)        難易度3.0
  • クライアントの立場になれば一目瞭然、信頼構築に資格は役立つ

5

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^♪

wakuzoはWEBライティングの上記2資格を2020年に取得、FP技能士2級を2021年に取得しました!

WEBライティング技能検定

合格通知写真

WEBライティング技能検定

 

期日を決めて自分を追い込みつつ、知識をインプットする方法として「資格取得」はとってもよい方法です。

これからも、資格取得を目指す向上心のある方をリモート資格研究所「山頂テラス」は応援していきます!

「つかむ人」と「つかめない人」の違い

世の中には夢や希望をつかめる人とつかめない人がいます。人事に関わる仕事で多くの人を見てきて両者には以下の3つの点で大きく違う事がわかりました。

あなたはどちらの人になりますか?

  1. 変化を恐れず、未開の地にも真っ先に飛び込める人/周りの人の顔色を気にして先に進めない
  2. 必要なスキルを身に付けようとする人/過去身に付けたスキルのみでなんとかしようとする人
  3. 変化や成長のきっかけを自分自身で作れる人/他人頼みでつねに待ちの姿勢の人
大きな飛躍を成し遂げた人も、最初のスタートはとっても小さなきっかけだったりします。今日、このサイトとの出会いを飛躍へのきっかけにして頂けたら幸いです。

WEBで稼ぐ為の資格

難易度は低いけど、メリットのある資格はない?

難易度は低くても、あなたの人生を支えてくれる資格はあります。

誰かの通った道を追い求める事が「成功」と呼べたのは過去の事。

社会に必要とされる資格を取得して

明るい将来を手に入れましょう!!

ライティングで稼ぐなら

たのまなの「WEBライティングコース」

難易度低め

オンラインで完結

Macbookセットも選べる

\WEBライティング実務士としてライター業の一歩を踏み出そう/

たのまなWEBライティング公式ページ

たのまなへ資料請求

 

WEBライティング能力検定を検討中の方

WEBライティング能力検定と技能検定、結局どっちがいいの?と迷われている方

どうせがんばるなら国家資格がほしい!と言う方

 

 

© 2022 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5

毎日更新!通信講座のお得なキャンペーン情報を一覧で確認出来ます。期限・対象・条件も一目で分かる!
お得なキャンペーン情報を見る
【通信講座12社】お得なキャンペーンまとめ記事はこちら
割引内容を見る