WEBライティング能力検定の勉強方法・試験対策まとめ

次回試験日に向けて、今が初め時です!

2021年11月28日(日)

こんにちは!リモート研究所のwakuzoです。

20年弱勤めた会社を早期退職し、田舎の「山頂テラス」と名付けた山荘に移住したフリーランサーです。

コロナ不況でも「手に職」があれば就職の門戸が開かれる業界が日本にはたくさんあります。

PCさえあれば始められる職業にWEBライターがありますが、ゼロから始める人にとっては仕事を見つけるのは簡単ではありません。

 

単価が安くてもよいから、まずは月1万円を目指してライター業を開始したい。

つまみ食いで勉強するのではなく、体系的にWEBライティングについて学びたい。

そんな方におすすめなのがWEBライティング能力検定です。

ライティングに関わる検定のなかで一番歴史がある検定で、有名一流企業など多くの人が受験しています。

 

この記事は実際に私が2020年1級合格を経て、これから受験する方へおくるメッセージです。

私の失敗も記載しておきますので、勉強方法や受験前の準備・試験対策・ミニ論文での工夫など参考にしていただけると幸いです。

 

ノマド好きにはたまらない、やりがいのある職業の1つです(^^♪

WEBライティング能力検定の勉強方法

 

どうせ受けるなら絶対に1回で合格したい!

会社からの指示で受けるので自分だけ不合格にはなれない!

 

そんな方に私の体験談を踏まえ、

チャレンジが成功するように参考にして下さい。

紹介者割引き制度を利用したい方は3秒コピペで完結!

次回試験日に向けて、今が初め時です!

2021年11月28日(日)

WEBライティング能力検定申込で500円得する方法

 

紹介者名欄に「WWOKY20200800001をコピペで完了

簡単3秒で完結!500円割引を受けられるので申し込む方は損しないで下さいね(^^♪

2級申込の方も同様の割引を受けられます。

詳しくはコチラ

紹介者名欄に「WWOKY20200800001

 

WEBライティング能力検定 1級に合格しました!

9月9日10時17分、待ちに待った合否通知がメールで来ました。

晴れて合格!!

どんな試験でも、合格はうれしいものです(^^♪

88点満点で80点以上取れたという事ですが、詳細はいまだ分からず。

後日、どの科目で何点とれたか?合計得点だけが通知されるようです。

 

wakuzoはアラフィフでフリーランスになり、ライターの知識や技術を上げるべく以下の2つの資格を取得しました。

 

1つ目の資格:「WEBライティング技能検定」

2つ目の資格:「WEBライティング能力検定1級」

 

これ以上ない結果を出すことが出来ました。

 

WEBライターを目指される方、資格取得を目指される方に読んでいただき、「こうすれば受かる!」ということを体験談を踏まえお伝えできればと思います。

認定証と試験結果が到着

9月13日、白い封筒で認定証と試験結果(A4の紙1枚)が郵便で到着しました。

結果詳細が書かれており、どれだけ点数とれたのか?

合格しているけど、少しドキドキしながら確認!

 

日本語WEBライティングコピーライティング
メールライティング
SEO法律・倫理
炎上対策
ミニ論文
問題数(配点)12問(12点)12問(12点)16問(16点)16問(16点)16問(16点)1問(16点)
得点12点12点14点(-2点)16点15点(-1点)16点

結果詳細を見て、驚き!!

88点満点中80点以上で1級合格なので80点クリアすることを目指していたのですが、計85点取れていました!!(間違いが3問)

「コピーライティング・メールライティング」で-2点、「法律・倫理・炎上対策」で-1点でした。

 

とっても良い結果でうれしかったのですが、間違った設問を知りたかった~~~とういのが本音。

間違った知識のままでいて、とっても気持ち悪い、、、です。

協会関係者の方へ!間違った設問内容も合格者だけに知らせるとか、有料で教える仕組みを作るとかしていただけると幸いです(^^♪

 

認定証!!結構立派です。

折れないように厚紙が敷いてあり、A4の固めのビニール(ケース)に入っています。

wakuzo1
wakuzo1
いくつになっても、合格とか認定証とかってうれしいもの、、です。
アラフィフでもうれしいものはうれしい!正直な感想です。(^^♪

 

WEBライティング能力検定の試験対策・勉強方法・必要勉強時間

合格の為の勉強方法をお伝えする前に、チェックしておきたいのは合格基準です。

1級合格基準は88点中80点以上の得点が必要です。

落せるのは8点のみ。と考えるとなかなか難易度は高い検定と言えます。

勉強方法以上に大切な試験対策

wakuzoが1級合格が出来たのは、もちろん勉強したからですが、それ以上に大切なポイントがあります。

それが、試験当日の時間配分です。

合格の為のポイントを1つ挙げるとしたら、時間配分と答えます。

 

以下、科目ごとの注意事項、時間配分を決めて検定に臨みました。

配点一覧と実際に受験した感じた注意事項(ミニ論文以外は4択問題)

科目名配点(88点満点)注意事項wakuzoの
時間配分
国語12問12点取りこぼしが多い科目
幅広い一般教養知識が試されます!
10分
WEBライティング基礎12問12点専門用語をしっかりとインプットすればOK10分
コピーライティング、メールライティング16問16点日常の業務にも活かせる知識が出題されます13分
SEO16問16点発祥の歴史を問われる問題もあり13分
法律、倫理、炎上対策16問16点専門用語多数、しっかりとした知識を習得しましょう13分
ミニ論文(200~300文字)1問16点
記述式
「〇〇」について記述しなさいという課題
文字数が少ないのでまとめる技術が必要になります
20分

 

wakuzo1
wakuzo1
wakuzoは時間配分の目標も決めてから試験に臨みました。ライティングにある程度時間を残しておきたかったためです、、、残り時間なしでミニ論文に突入すると悲惨な文章になりそうだったので、

今回は時間配分よりも早めに問題を終わらせることが出来て、確認や飛ばした問題に時間を割くことが出来ました。
計72問中に若干疑問がつく自信を持って解答できない問題が9問あり、そこは飛ばして解答。予備時間で9問を落ち着いて考える事が出来ました。配分を間違えたら1級合格は難しかったかもしれません。

4択問題計72問ミニ論文予備時間
目標配分時間60分20分10分
実際に使った時間50分20分20分

試験前日に時間配分を設定しても、時すでに遅しとなるかもしれません。

受験を決めた方は、なるべく早く時間配分を設定して試験当日のイメージを固めておきましょう。

勉強の仕方も変わってくるはずです。

勉強方法のポイント

あくまで一例に過ぎませんが、一級合格者の勉強方法として参考にして頂けると幸いです。

科目ごとの勉強方法・ポイントと使えるツールをご紹介します。

上記時間配分を考えると、1問1分かけられない(私の場合、72問を60分で解答するイメージ)計算なので迷わずにスパッと答えられる問題の割合を増やし、時間をかける問題に時間を残せるようにしましょう。

特に個人差が出るのが「国語」「法律」。

過去インプットした知識がどれだけあるかで、勉強する量にかなりの差が出る科目ですので、早めにテキストを読み、例題を解いてみる事をおすすめします。

科目名配点(88点満点)勉強方法・ポイント使えるツール
国語12問12点幅広い一般教養知識が試されるため、テキスト以外の勉強も必要になります。ニュースや新聞などで時事ネタに興味を持ってわからないことを調べて理解する勉強法が最適です。新聞
漢字や熟語の無料アプリ
WEBライティング基礎12問12点専門用語の意味をしっかりと理解する必要があります。
なんとなくの知識ではなく、人に説明できるような勉強法を心がけましょう!
Wikipediaなど
コピーライティング、メールライティング16問16点メールを送受信する際のルールやマナー、日常なんとなく行っている作業にもビジネス界の基礎があります。メールなどで文章を書く際の基礎をテキストで学べば対応可能です。社説やブログ記事の音読、コピー
SEO16問16点テキストの内容を把握、理解しておけばOK。テキスト
法律、倫理、炎上対策16問16点専門用語多数なので予備知識の無い人はしっかりとした勉強が必要です。初学者の方の勉強方法は、専門用語まわりの言葉の理解を深める事から始めましょう。テキスト・民法
ミニ論文(200~300文字)1問16点
記述式
おすすめの勉強方法が、自分で問題を作って時間を計ってライティングの練習を反復しましょう。
5分で文章構成を考え、5分でライティング、5分で修正、更生。と言った流れで反復練習します。短い時間設定でトライして本番に備えましょう。
試験当日は手書きです。
PC等でライディングするのではなく、実際に紙に手書きして練習する勉強法がおすすめ。

 

1級合格を目指す方は各科目で2問以上は落とさないイメージで勉強し、試験に臨みましょう。それでも得点は82点ですので余裕はありません。

4択問題の解答法の基本ですが、消去法で1つか2つの選択肢は消す事が出来るので、分からない問題も正解率をあげるために慎重に諦めずに解いていきましょう。

いつでも出来るミニ論文の勉強方法

通勤をしているとき、車を運転しているとき、何の気なしに過ごしてしまっている時間でもミニ論文の訓練は出来ます。

自分で問題を設定しキーワード「○○」と「××」を使って文章を考え、声に出してみる。

それだけで、文章構成を考える力や起承転結でまとめる力をつける事が可能です。

事例① キーワード「大晦日」「家族」

事例② キーワード「試験」「発表」

事例③ キーワード「病院」「お見舞い」「花屋」

注意事項:ミニ論文は基本的に減点方式で採点されるので、
内容どうこうよりは構成・文法・解り易さ・日本語のルールを徹底しましょう!

必要勉強時間(1級の場合)

1級合格の為には88点満点中、80点以上の得点が必要です。(正解率91%)

どんな試験問題であっても、91%の正解率が必要な試験です、甘く見ないようにしましょう。

130ページのテキストで読むだけなら一日あれば読めますが、理解度は人によって大きな差が出るはずです。

テキストの項目は以下の6つ

① 日本語

② WEBライティング基礎

③ コピーライティング
メールライティング

④ SEO(検索エンジン最適化)

⑤ 一般常識、法律、炎上対策

⑥ ミニ論文

公式HPでは2週間あれば1級合格は可能と記載がありますが、wakuzoが受験して合格した経験から言うと不可能です。(☜あくまでwakuzoの個人的意見)

2週間フルで毎日勉強出来る方なら、可能かもしれませんが社会人などで時間が限られている方は以下の時間を目安にしてみて下さい。

1級合格に必要な勉強時間(wakuzoの経験上の試算)= 60時間

週4時間 ☞ 3か月

毎日1時間 ☞ 2か月

毎日2時間 ☞ 1か月

 毎日5時間 ☞ 約2週間

wakuzo1
wakuzo1
個人個人の知識量によって、必要勉強時間が大きく違ってくるのはお察し頂けると思います。
wakuzoは①の日本語、⑤の一般常識に苦労し、トータルで60~80時間は勉強しました。
「てにをは」、「四字熟語」「敬語」などを勉強したのはいつ以来か?苦手でもWEBライティングを学ぶ上では必須の知識なんだと痛感しました。

WEBライティング能力検定 1級とは?

一般社団法人日本WEBライティング協会(JWWA)が主催するライティングに関する検定試験です。☞協会公式HP

WEBライティング能力検定の公式HP

WEBライティング能力検定まとめ

検定の歴史2012年から(WEBライティング関連で最も歴史ある検定)
受験者数2000人を突破
検定方式5科目計72問の4択式問題(72点、1問1点)とミニ論文(16点) 88点満点
4択問題はマークシート、ミニ論文は記述式(200~300文字)
検定時間90分
検定会場全国15か所
合格基準1級80点以上、2級70点以上、3級53点以上、53点未満資格なし
検定料金
(検定料金+紙テキスト)
13,500円(DVD付きの場合19,800円)
料金に含まれるもの検定費用、合格証、テキスト(130P)、問題集
1級合格率25~35%
資格の有効期限2年
更新費用12,000円
検定予定第31回 2021年11月28日  第32回 2022年2月27日

 

学割制度あり

対象:中学生、高校生、短大生、大学生

内容:50%割引(税込)で受験可能(6,750円)

その他割引制度

紹介者割引制度   :500円引き

2回目以降の受験割引:3000円引き

wakuzo1
wakuzo1
いろいろな割引制度があり、受験者としてはうれしいですね。協会の方に聞いたところ、学生の受験者が増加しているそうです。社会人になる前にビジネスの基礎を50%割引で学べるのはかなりお得。採用する企業から見ても、プラスに働くはずです。(wakuzoは企業で採用担当を10年以上勤め、3000人以上の採用に関わっていました)

採用担当者はあなたのどこを見ているか?(学生の場合)

学生の場合、偉大な経験を積んでいる必要はありません。その人が何を考え、その考えをどう行動に繋げているか?を見ています。
言っているだけ、考えているだけの学生よりは、考え、行動する学生を採用します。

理由は、考えて何もしていない人は社会でもそうなる可能性が高いからです。

企業は企業にプラスに働く行動力を学生に期待しているのです。

ビジネスの基礎を学生のうちに学んでおきたい(考え・意志)

期日を決めて、資格取得の為の計画を立て実際に合格した(行動・成果))

WEBライティング能力検定申込で500円得する方法

 

紹介者名欄に「WWOKY20200800001をコピペで完了

簡単3秒で完結!500円割引を受けられるので申し込む方は損しないで下さいね(^^♪

2級申込の方も同様の割引を受けられます。

詳しくはコチラ

紹介者名欄に「WWOKY20200800001

「体験記」1級合格への道のり(時系列まとめ)

これから受験される方のために、2か月間の行動を時系列でまとめます。

6月30日WEBライティング能力検定の申し込み、検定料振り込み
☞申し込むときに検定日も同時に決めるので忘れないようにしましょう!
7月7日テキスト、DVDが届く
☞検定料の振り込みが確認された後に発送になるため若干時間がかかります。
DVDを見ながらテキストの学習をスタート
~7月27日テキストの学習をひととおり完了
~8月10日2回目の復習完了
~8月17日3回目の復習完了
~8月29日(試験前日)苦手な4字熟語の学習、間違った問題の復習
8月30日 13時半~15時検定受験
9月9日 10時17分メールにて1級合格通知あり
9月13日郵便で認定証、試験結果詳細到着

 

wakuzo1
wakuzo1
検定の内容は後程触れますが、意外に一般教養的な問題が多くwakuzoは特に国語の部分で苦労しました。
文法や敬語、特に4文字熟語などが、、、

中学生以来でしょうか、こんなに国語の勉強をしたのは(^^;)

体験記・検定当日

ここからは試験当日のリアル体験記です。

試験内容は明かしたらよくないので公開できませんが、読み物として気軽に読んでみてください(^^♪

試験会場到着

8月30日、車で試験会場に向かい1時間以上前に近くのコインPに駐車。

会場を早めに確認したかったのでスマホにナビをしてもらい、まずは会場確認に。

真夏の35度を超える炎天下、時間に余裕はあるものの、なかなか当該ビルが見つからず、普通の汗とそれ以外の汗も同時に身体から噴き出してくる。

会場オープンの30分前にやっと会場となるビルを発見。

日陰で時間待ち、スマホでググっているとWEBライティング能力検定の受験者の記事を発見。

ミニ論文にのぞむ工夫が書かれており、実際にその方法を利用することに決定。(試験では時間に追われ、この方法を実践し非常に助けられました)

ミニ論文の工夫

1⃣ 解答用紙のマス目に直接書き込まない。(下書きをしてまとまったら最後に清書)

2⃣ 下書きは1枚目に白紙、2枚目に回答用紙を下敷きのように重ねて、文章を考えながら書き込む

3⃣ 文章がまとまってから解答用紙に清書する(文字数をカウントする時間がはぶけます)

 

試験会場入り

13時、試験会場前に到着するも会場が開かれる様子がなく、蒸し風呂状態の廊下で待つ。

13時10分、待てど暮らせど開かず。なにやら別の汗が再度噴き出す。

13時15分、関係者(?)に声をかけられ、会場が変更になった旨知らされ、1つ下の階へ。

13時16分、やっと会場入り、汗をクーラーで冷やしつつ、水分補給。

13時30分、気持ちを落ち着かせて試験スタート!

試験スタート

まずはミニ論文のお題だけチェック。さらに4択問題の半分、36問目のところにチェック!30分で36問目が解答できるよう目安に。

落ち着きつつ解答するも、意外に?のつく問題が多く若干あせる。

自信をもって解答できない問題はチェックをつけて飛ばす。

72問中9問が?付き、マークシートに塗り間違えの内容に注意しつつすすめる。

36問目に到達、まだ25分。5分前倒しで少し落ち着きを取り戻す。

72問終了し、50分。10分前倒し。?のついた問題を考え直し解答。

ミニ論文にトライ!書きやすいお題だったため、最初に構成を考えて下書き。

数時間前にブログチェックで目にした方法を取り入れて下書き、文字数を数える必要がなくなったため、時間の節約に!とっても良い方法を教えてもらったライターに感謝!!

下書き10分、清書しつつ更生しつつで計20分で完了。

最後の見直しに10分を費やす。疑問の残った9問の他にマークシートのチェックミスがないか、解答のし忘れがないか?を見ていると、明らかに3を解答するはずが1を解答している箇所を発見し、訂正。1問救われる。

最後気になった問題を発見、五分五分のところ、最後の1分で直そうか迷って迷って訂正せず。(検定後の確認で訂正せずに正解だったことが判明)

試験直後

スマホでいくつか確認したかった問題の正解をチェック。

3問不安だったところが全部正解!!

9問中3問正解だったので、取りこぼしがあったとしても大丈夫かな~~(^^♪という印象。

試験を終えて

夏の検定で汗だくの一日でした。

日常と違う一日が終わり、夕飯後は即就寝。

思った以上に疲れが溜まっていたようです。(笑)

WEBライティング能力検定の勉強方法まとめ

実際に試験を受けてみての注意点まとめです。

「勉強方法・試験当日注意点」

1.正確な知識を身に付ける勉強方法が必須!!(あやふやな知識だと太刀打ちできない問題がでます)

2.時間配分をまちがえない!!(最後の確認に最低でも15分は残るようにしましょう)

3.苦手分野を徹底的に克服すべし!!(目標は1科目で不正解は1問まで)

4.ミニ論文の下書きは、解答用紙に直接書かず下敷きのようにして利用する

5.解答しようとした箇所にマークシートのチェックがついているか、最終確認する

 

これから受験される方へ

実際にWEBライティング能力検定を受けてみて、とっても良かったことが3つあるので、まとめます。

受験してよかった事

適度な緊張感が生まれ、久々に試験当日の緊張、試験終了の安ど感を味わえた。

WEBライティングという狭い範囲ではなく、幅広い一般教養も勉強をすることが出来た。

申込→受験→合否発表という学生以来の経験、目標達成の成功体験が出来た。

 

WEBライティング能力検定の勉強方法

 

どうせ受けるなら絶対に1回で合格したい!

会社からの指示で受けるので自分だけ不合格にはなれない!

 

そんな方に私の体験談を踏まえ、

チャレンジが成功するように参考にして下さい。

紹介者割引き制度を利用したい方は3秒コピペで完結!

次回試験日に向けて、今が初め時です!

2021年11月28日(日)

WEBライティング能力検定申込で500円ムダにしない方法

 

紹介者名欄に「WWOKY20200800001をコピペで完了

簡単3秒で完結!500円割引を受けられるので申し込む方は損しないで下さいね(^^♪

2級申込の方も同様の割引を受けられます。

詳しくはコチラ

紹介者名欄に「WWOKY20200800001

 

WEBライティング能力検定を本気で考えている方は「合格率」「評判」をチェック!

社員教育等で10名以上の申込をお考えの方は損しないようにチェック!

 

-WEBライティング能力検定, 副業

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5