WEBライティング技能検定 3タイプ別合格スケジュール

資格×スケジュールアイキャッチ

こんにちは!リモート研究所 所長のwakuzoです。

WEBライティング技能検定にご興味のある方に、ぜひ一発合格してもらうために、タイプ別に勉強のスケジュールを作成しました!

 

人の性格は様々、勉強の仕方も様々でいいはずです。

 

あなたに合うのはどのタイプでしょうか?半年後の合格を目指してスタートを切ってみませんか?

 

講座申し込みから合格までのリアルスケジュール

在宅ワークパンフ

以下のスケジュールはあくまで私の実施したスケジュールです。

模範となるものではありませんので、参考までにすら~~~と目を通してみてください。

中だるみ期間ありつつ、ちょうど6か月間で合格しました(^^;)

 

【wakuzo実践スケジュール】

日程行動進捗モチベーション勉強時間
2019.10資料請求・申し込み届いた資料を確認、即申し込み
2019.11勉強開始サポート期間は6か月
終了4月30日までに合格を目指す
2019.11.101⃣基礎編テキスト(70ページpaft1~4)終了4時間広範囲の内容
一般教養やマナーの項目もあり
2019.11.162⃣実践編テキスト(160ページpart1~5)終了中~高6時間ライティングの実践を学ぶ
漢字やクラウドソーシングについても学ぶ
2019.12.123⃣基礎編問題集100問終了中~高2時間項目によって正解率が急激に下がる部分あり。意外と理解していないことが多く、若干へこむ
2020.1.204⃣実践編問題集100問終了高→低(放置)3時間小・中学校で学んだであろう文法を間違える。何度も反復。
2020.4.215⃣復習・模擬試験・ライティング練習低→中→高15時間3月検定を受けようとして、申し込みを忘れる、中だるみ状態
サポート期間が間近に迫り火が付く。オンライン模試を受けてテンションがあがる。本検定の3日前までに申し込みを済ませる
2020.4.226⃣本試験MAX高90分13時半からと思い込んでいて、実は13時開始で少し焦る。
本試験中にトイレに立って時間を3分ロス。最後1分前、ギリギリでライティング終了。
wakuzo1
wakuzo1
2月と3月、何やってたんだろう??
一通りの勉強を終えて、ホッとしてしまったようですね。
今思えば、一通り勉強を終えたら1回目の模試を受けるいことをお勧めします!計3回受けられるので実力試しになりますよ。

 

モチベーション維持の工夫

WEBライター画像

実際、6か月も時間を作りながら勉強を継続することって簡単ではありません!

特に本業(お仕事をされていて空いた時間で資格取得を目指される方)のある方ならなおさらです。

何かしらの工夫が必要かと思って考えました。

 

wakuzoが実践したものも含まれていますので参考にしてみてください(^^♪

モチベーション維持の工夫

  • 気分が乗らないときはカフェやファミリーレストラン等で環境を変えて勉強してみる!
    ☞お気に入りのカフェや小ぎれいな環境でやる気が上がるかも!
  • テキスト1冊終えたらワインを開ける!などのご褒美を決めてがんばる。
    ☞1時間の予定が2時間勉強してしまうかも!
  • 問題集をやるときは、正解率を数字にして正解率が前と比べ上がっていく過程を楽しむ。
    ☞数字はウソをつきません!
  • 本試験の日程を決め、逆算してスケジュールを作成する。項目が終えたら☑をして勉強が進んでいることに喜ぶ。
    ☞努力の量を目に見える形や文字にすることをお勧めします!
  • お気に入りのペンを1本買い、そのペンを持ったら「やる気」になるモードを自分で作る。
    ☞高いペンでなくていいんです、書きやすい手にフィットするものを選びましょう!替え芯もセットで無くさないように保管しておきましょう!

いかがでしょうか?

どれもリアルに出来そうなことではありませんか?

wakuzoは中だるみ期間が1か月半くらいありましたが、もちろんそんな期間をあえて作ることもありませんので見習わないように!

 

技能検定試験実施日を知りたい方→HPリンク

 

半年で勉強する時間を30時間作れれば、合格出来ます!ぜひ逆算してスケジュールを立ててみてください!

上記の【wakuzo実践スケジュール】の1⃣~6⃣を6⃣から順番に決めていけばOKです!

 

勉強のポイント

ポイントと言うほど大げさなものではないかもしれませんが、、参考にして下さい。

勉強のポイント

  • 本試験4択問題はほとんどがテキストからそのままの形で出題されます。50問全問を正解するために、反復して問題集をやって落とさないようにしましょう。(全問正解を目指してください)
  • 本試験90分では、意外に時間がありません。4択問題はスラスラと時間をかけずに終わらせられるように、迷わない実力を付けましょう。
  • 問題集は最低3回は解きましょう。間違えたところは問題を覚える位、反復しましょう。
  • ライティングは300文字と400文字の問題が計4問出ます。必ず時間を計って練習し、試験前には4問連続で時間内にライティングを終えられるかトライしましょう。(1問くらいどうしても筆が進まない課題が出たりします、時間配分を身に着けるためにも練習は4問通して行いましょう)

試験対策についてはこちら☞「合格直後だから書けるリアルレビュー」

 

3タイプ あなたにマッチするのはどのスケジュール?

スケジュール2画像

実際にwakuzoが勉強した時間をトータルで換算したところ、およそ30時間としました。

仮に第63回(2020年12月19日)の本試験を受験して合格を目指す場合でスケジュール表を作成しました!

 

Ⅰ.のんびりタイプ☞6~7か月で合格(サポート期間延長の申請が必要かも)

やるときはやるけど、やらない時、気がのらない時は放ったらかしにしてしまうwakuzoタイプの方におすすめ!

週に1時間だけ、時間を作って集中して勉強しましょう!(曜日を決めるのも1つですね)

次週にテキストを広げる時は必ず復習から行い、不明点や間違った問題をクリアして新たな勉強を開始する流れで着実に力が身に付きます!

トータルの勉強時間を30時間と仮定すると、だいぶんゆったりですが30週(7か月)で合格出来ます。

日程勉強の進捗時間
5月初旬申し込み
5月21日~1⃣基礎編テキスト4時間
6月14日~2⃣実践編テキスト6時間
7月26日~3⃣基礎編問題集2時間
8月9日~4⃣実践編問題集3時間
9月~5⃣復習・模擬試験・ライティング練習15時間
12月19日(63回検定)6⃣本試験90分

Ⅱ.最短きっちりタイプ☞最短の2か月で合格!

週3回、計3時間きっちり勉強出来る人向け。

10週間で30時間をクリア出来ます。およそ2か月、最短での合格が見えてきます!

日程勉強の進捗時間
10月1日申し込み
10月7日~1⃣基礎編テキスト4時間(1週間強)
10月18日~2⃣実践編テキスト6時間(2週間分)
11月1日~3⃣基礎編問題集2時間(1週間弱)
11月8日~4⃣実践編問題集3時間(1週間分)
11月15日~5⃣復習・模擬試験・ライティング練習15時間(5週間分)
12月19日(63回検定)6⃣本試験90分

Ⅲ.空き時間有効活用しっかりタイプ☞コツコツでも6か月で合格!

本業や子育てや介護で忙しいという方向け。

2日に1回20分の勉強時間を作りましょう。(もちろん毎日10分でも可)

ドカンとたまに勉強するよりも身につくのは早いかもしれません。

1か月で5時間、6か月で30時間クリアしますね。塵つもで合格!!

日程勉強の進捗時間
6月初旬申し込み
6月19日~1⃣基礎編テキスト4時間(24日間)
7月13日~2⃣実践編テキスト6時間(36日間)
8月20日~3⃣基礎編問題集2時間(12日間)
9月1日~4⃣実践編問題集3時間(18日間)
9月18日~5⃣復習・模擬試験・ライティング練習15時間(3か月間)
12月19日(63回検定)6⃣本試験90分

 

まとめ

スケジュール3

wakuzo1
wakuzo1
いかがだったでしょうか?
おせっかいすぎましたか?

 

実際のスケジュールに落とし込むと、現実味が沸いてきませんか?

wakuzoはここまでやると「ワクワク」してきます!

今年の年末、「いい年だったな~~」と思って迎えられるといいですね(^^♪

実際、合格の発表は来年かもしれませんが、、

なんか、私にも出来そうな気がしてきました~~(^^)/

のんびりタイプだけど、基本週に1時間でたまに2時間とかでもいいですよね。

そしたら11月の試験にも間に合うし、合格発表も年内に見れるかも!!ですね(^^♪

ゆうみ
ゆうみ
wakuzo(ワイン)
wakuzo(ワイン)
そうだね!!
もちろん人それぞれ環境も違うから、、、
一気にやったほうがいいという人は最短2か月もかからないかもしれないですよ(^^♪

最後まで読んでいただきありがとう~~

コロナ、コロナの2020年だったけど、プラスの記憶、記録も自分で作っていきたいですね。



-WEBライティング技能検定

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5