wakuzo羅針盤|「迷い」について

こんにちは!リモート研究所wakuzoです。

今回は「迷い」についてです。

 

皆さん、迷いってつきものって思いませんか?

 

AとBで迷う

する方としない方で迷う

 

迷いは選択肢があるから、それだけ幸せと考えるといいかもしれませんね。

迷えない状況もあるわけですから

 

迷いってなんだ?

冒頭でもお話ししたように、迷いはいくつかの種類に分けられます。

分類 状況
2択の迷い AかBか 決める期日があるか、ないか
複数の迷い 3種以上の迷い 同上
するか、しないか 何かを始めるか、始めないか 始めない方が楽

迷いは悪じゃない

迷いは成熟期間と考えています。

自分自身に迷いがあるということは、迷っていられる状態とも言えます。

 

砂漠に放り出されて炎天下に24時間いたら?

休憩する日陰を探すほかないし、まずは飲み水を探すほかありません。

それ以外の選択肢はないはずです。

 

迷っていられる状態を感謝。

それだけ、切羽詰まっていないと言い換える事も出来ます。

余裕があるんですね。

迷いの対処法

やり過ごす

迷っている方は選ばないという方法もあるはずです。

現状の維持ということになるかと思います。

 

引っ越しをするかしないかで迷う→引っ越ししない(現状維持)

本を買うか買わないかで迷う→買わない(現状維持)

会社を辞めるか辞めないか迷う→辞めない(現状維持)

 

wakuzo羅針盤の1回目でも記載しましたが、人間は変化を嫌う動物です。

決断することが苦手な方は特に、現状維持になる可能性が高いと思ってください。

結果的にはやり過ごした、と言う結果になり、振り返ってみるとそんな迷いもあったかな、と過去の思い出話に。

期日を決めて、それまでに決める

一定の迷いの期間を設定する方法です。

今年の年末までには決めよう。

賃貸の更新月の前月末までには決めよう。そんな感じです。

 

期日を決める事で、宿題のように1つの課題と捉える事になり、決断しやすくなります。

親友から相談されたらどう答えるか?と考えてみるのも1つです。

将来像を比較して決める

AかBかで迷った場合を想定してお話しします。

Aを選んだらBは選べない、Bを選んだらAは選べないと仮定します。

多くの迷いの場合そんな状況であることが多いかと思います。(会社の退職など)

 

Aを選んだ3年後、5年後、10年後の自分と

Bを選んだ3年後、5年後、10年後の自分を想像して見ましょう。

 

どちらも未来のことなので確かな想像にはならないと思いますが、出来る限り、リアルに、詳細に想像する時間を作ってください。

紙に書きだすのも良い方法です。「会社の退職」を例にして考えてみましょう!

退職する方を選んだ時 退職しない方を選んだ時
自分の服装
自分の収入
生活スタイル・住んでいる家
表情・健康
休日の過ごし方・好きな時間
一番消費している時間
悩み
交遊関係
あえて内容な書き込みしませんでした。

引っ越しでも、資格取得をスタートするかどうかの迷いでも上記のような比較はとても有効です。

 

書き出した後どうするか?

見比べてどちらの自分が良いか選んで下さい。

どちらの自分の方がワクワクしますか?楽しいですか?

 

その時の自分にエネルギーが満ちている方を選ぶのが良いとwakuzoは思います。

迷いはエネルギーを溜める期間

ジャンプする時、しゃがみ込みますよね。

迷いはしゃがみ込んでより高くジャンプするためにエネルギーを溜めている期間です。

 

ずっとしゃがみ込んでいても、らちがあきません。

 

エネルギーを溜め、より高く飛躍するために。

 

将来の自分が輝いている。

そんな選択をしたいものです。

 

将来は変えられる。

きっかけは、とっても小さな一歩だったりします。

 

© 2022 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5

あなたの市場価値を5分で診断。資格取得も就職・転職もまずは自分を知ることからスタート!
ミイダス(無料)