スーパーカブ10のメリットとデメリット スローライフの友はコレ!

田舎の不便さを解消!購入した経緯・理由

 

初めまして!早期退職をして田舎別荘へ移住したおっさんです。

スローライフで感じる幸福感はたくさんあるのですが、不便さも実際あります。

予想通り、想定の範囲内と言えばそれまでの事ではあるのですが、、、(^^;

 

不便トップ3まとめ~~~

不便NO1 店が遠い(コンビニやスーパー)

不便NO2 駅が遠い 

不便NO3 銀行郵便局が遠い

 

結局は全部「足」の部分ですね、、、(^^;

 

我が家はしかも別荘地区に入ってから車で10分以上山の奥にあるため、なおさら感満載です。

 

で、考えたのが、足の部分の改善

もちろん車はあるのですが、燃料代や気軽さのことを考えて、バイクを買おうと考えたわけです!!

条件は以下の3つ

①維持費が安い(自賠責保険等)

②燃費が良い (車の3倍以上は走る)

③壊れない (修理代がいらない)

 

以上の条件を考えて出した結果は「ホンダ スーパーカブ」の1択でした(^^)/

 

50㏄から125㏄までいろんな排気量で出ていますが、私が選んだのは100㏄!!

つれと二人でタンデムツーリングも出来るかな~という理由です(^^)/

 

購入してひたすら帰り道を走る

 

早速ネット検索開始~

状態のよさそうなのが大阪にあり、即電話して状態確認

1時間後には再度電話して購入していました(^^)/

 

メンテナンスをしっかりとしてもらい、引き取りに電車で伺いました(配送料を抑えるために!)

冬の寒い日でしたが、防寒をこれでもかっていう位にして120キロ離れた自宅へロングツーリング開始

 

スーパーカブ50も乗っているので操作感は全く問題なし!!

ギアの調子、エンジンのふけ具合、電装系もまったく問題なし(^^)/

 

50㏄と違い、車の流れにほぼのって走れるので、より安全に走れる印象です!

 

スーパーカブ 実際走ってみての感想

 

メリット

燃費が良い

カタログ燃費が58キロと記載がありましたが、実際は40キロ程度でした。

もっと丁寧に運転したら上がりそうではあります。

車が12~13キロ/Lですから、およそ3倍走れます!上出来(^^)/

トルクがある

普通に2速からでも発進できるので楽ちんです。

速度も出せる

法定速度は60キロですが、流れに乗らないと危ないと感じる時は80キロも実際出せました!!
(あくまで法定速度で安全に運転しましょう!!)

 

デメリット

燃料タンクが小さい

4Lしか入らないため、40キロ/Lとして160キロしか走れません。空になる前に警告灯が点くので少し焦ります。(燃費も良いのですが、6L位入るタンクが欲しい~~~)

車に邪険にされがち

見る人が見れば、ピンクナンバーなのでそこそこ走れるバイクなんだと分るのですが、50㏄原チャと混同されがちで、幅寄せなんかもたまにされてしまいます。

ウインカーの操作がしづらい

特に真冬で厚手のグローブをしているためといのもありますが、、、

右と左にスライドするタイプのウインカー(以前からバイクはこういうタイプが多いですね)

ボタン式やもっと突起の大きいスイッチだと操作しやすいと感じます

 

夕方にバイク屋さんを出て、120キロ無事に走って帰宅出来たのですが、、、

やはり、バイク屋さんに勧められたように「陸送」してもらえばよかったかも、、、と言うのが結論

 

冬は寒いです!!

暗くなるのも早いです!!(実際家に着いた時には真っ暗でした~(^^; )

夕方は車が増え、なんとなく道路も殺気立っているので危ないです!!

 

夕方から夜にかけての120キロ激走はもう二度としません!!

 

家に帰ってあつーい風呂にゆったり漬かって身体を解凍させました

 

今後のスローライフの楽しみ

春、温かくなって!!というのが条件ですが、、(^^;

ツレとツーリングを楽しもうかなと計画中!!

50㏄スーパーカブと100㏄スーパーカブの2台あるので、2台でのツーリングも良いでしょうし、100㏄スーパーカブ1台でのタンデムツーリングも可能です

 

四国も近いので、島めぐりのスーパーカブツーリング旅なんかもよさそうです(^^)/

 

瀬戸内界隈って本当に素敵な所が多くて、ワクワクが止まりません!!

季節ごとの海の幸、みかんやブドウ、モモ等のフルーツ、小豆島のオリーブ、ジビエ巡りなんかも楽しそうですね。

 

車も欠かせない足ですが、、、、

時速では買えない「楽しさ」をスーパーカブで満喫するのもいいもんだな~と感じています

 

秋の夕日のあたる田園

西日がたわわに実った稲穂を黄金色に染めています

そんな、田舎道を「テケテケテケ~~~~」ってスーパーカブでゆったりと走る

 

急がず、競わず、比べず

 

そんななかに「ひとの幸せ」があるんじゃないのか??

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!





-セカンドライフ

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5