wakuzo羅針盤「諦めて良い事・悪い事」

こんにちは!wakuzoです。

 

今回は諦めることについて。

一般的に「諦める」事は「悪い事」として捉えられるケースが多いかと思います。

でも、人生って諦めの連続でもあるわけですよね、、

 

ゴール(目的地)に行くときに、電車を利用したら同時に来るまでは行けませんし、、

A地点に行ったら、どうじにB地点には行けないわけです。

 

そして諦めの連続の人生で「諦めてはいけない事が1つある」ということについてお話したいと思います。

人生は諦める事の方が多い

冒頭にもお話したように、諦める事の方が圧倒的に多いわけです。

学校にしろ、住む場所にしろ、職業、結婚相手、、、

1つ選んだら他の選択は同時には出来ないので。

 

さまざまな決断があり、自分で決められるものもあれば決められない者もあります。

その中で、1つ大切なことは「その選択しかなかった」と脳に思わせる事。

大成した人のサクセスストーリーを想像して見て下さい。

 

その人の住んだ場所、通った小学校、選んだ大学や職業、結婚相手、、、

それらは「その選択」以外ありえなかったように語られるわけです。

 

それ以外の選択ではそのサクセスストーリーはありえなかった。

 

あなたの選択もそう語られるべき選択と思って下さい。

なぜなら、「迷い」は決定的に結果を出すためには不要な存在だからです。

迷いはマイナス

諦める事の話としては脱線気味かもしれませんが、人生において迷いはマイナスでしかありません。

この職業でベストを尽くそうと思いつつ、1年目から10年目までずーーっと迷いながら仕事をしていたらどうでしょうか?

その人は誰よりも成長し、誰よりも結果を出す仕事が出来るでしょうか?

 

おそらくNOです。

 

ある分野で成功している人を思い浮かべて下さい。

野茂、イチロー、大谷

一定の期間、野球しかしてませんよね。

全ての力をそこに注ぎ込むことが成功の条件ともいえるかもしれません。

だから迷いは不要なのです。

 

諦めでなく積極的な選択

99個の諦めがあっても1つ選択すること、諦めない事がありますよね。

その選択は前のめりであればあるほど良いです。

 

仕方なく残った選択をすることもあるでしょう。

でも自分の脳みそに「この選択しかなかったんだ」と勘違いさせましょう。

 

その方が結果を出す確率が増えるからです。

9社に落ちて、最後の1社に採用された、希望順では最後だったかもしれませんが、その会社の救世主として採用された!

その位に前のめりになるように、自分自身で勘違いをさせることに時間を割きましょう。

 

諦めて残った選択をした時と、そうでないサクセスストーリー選択では、そもそも朝起きた時から気分が違いますよね。

人生で諦めてはいけない事

人生は諦めの連続。

そして、諦めの選択をしつづけていくと自分の人生は諦めて残った結果でしかないのか?と思ってしまいます。

私にもそんな経験があります。

 

自分の人生に価値はないのか??

 

そうではありません。

一人一人に価値がある。

その為に必要な事。

それは「理想の状態(夢)を追いかけることだけは諦めない」事です。

 

一人一人理想の状態は違っていて当然です。

その状態を手にするために出来る事、ゴールに向かって一歩一歩歩んでいくこと。

それこそが「人生に価値を与えてくれる」ことになります。

 

どんなに遠くても諦めない

理想の状態がどんなに現状とかけ離れていても、絶対に諦めない。

大切なことは1ミリでもその状態に近づいて行く時間を過ごす事です。

 

どこかに転がっていて、たまたま手に入ることなど絶対にありません。

そのゴールにたどり着く最短ルートが分からないかもしれない。

そんなの当たり前です。

その瞬間に「最短であろう」と判断する選択をするほかないわけですから。

その選択を「その選択以外なかった」と思い込んで突き進むこと。

 

歩んだ道は唯一無二

あなたがゴールに向かって歩んだ道。

それは一直線でないかもしれない。

さんざん遠回りしたり、途中で止まってしまっているかもしれない。

それでも、歩んだ道は唯一無二、あなただけのサクセスストーリーなのです。

 

大切な事はゴールに向かっていること。

現状立っている道の先に、理想の状態があると思える事が大切です。

路線変更もあり

ある道を歩んでいて、理想の状態に近づいていると思って邁進した。

それでも10年後、ゴールに向かっていない事に気づいた。

路線変更をした。

 

それもありです。

脱線ではなく、路線をかえて方向を変えるだけです。

北極星に向かっていると思っていたのに、東にずれてしまっていたから修正した。それだけのことです。

 

路線変更には勇気が必要です。

なぜなら、今までやっていた事、方向性を変えるからです。

それでも、この道の先に理想の状態がないと判断したら迷わずに路線変更をしましょう。

夢は諦めない

諦めなければ必ず叶います、と言うと簡単ですが。

夢を叶えるために、やるべきことに集中して全ての力を注ぐ事。

もちろん、その過程で諦めるという選択すらない状態。

 

なので、夢を諦めないというととっても平凡なフレーズですが、

そもそも諦める選択すらないわけですので、夢を追い続けるとか、夢を掴むために走り続けるという方がニュアンスとしてマッチしているかもしれません。

 

夢を叶えるのはもちろんゴールなのですが、そのゴールへの道のりを見定めて

一歩一歩、着実にゴールに近づいている1日1日は、そうでない日々に比べて100倍も1000倍も幸せを実感できるはずです。

 

 

-wakuzo羅針盤

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5