東京脱出!半年前別荘移住を果たしたおっさんの楽しい田舎暮らし

アイキャッチ画像

こんにちは!wakuzoです。

2019年の9月に田舎別荘へ移住して穏やかに暮らしているおっさんです。

 

移住半年が経過して、大分こちら(田舎山奥の別荘生活)にも慣れてきました。

 

「東京脱出」とか「コロナ疎開」とかのワードが流行っているようですが、、

コロナ騒ぎとはほぼ無縁の生活を送っています。

 

今回は徒然、気の向くままにブログ風に書き残していこうと思います。

 

東京脱出は天の声だったのかも

私にとって、東京脱出は「それしかない」選択でした。

毎日がどん詰まり、暗いトンネルで出口が見えない状況でした。

 

そんな中で急に退職し、田舎別荘へ移住を決めました。

 

今にして思うと、誰かに呼ばれて来たような感じさえします。

縁もゆかりもない土地に引っ越しをしたわけですが、何故かあとで振り返って考えると、「必然」だったんだな~~と感じます。

 

引っ越しをせずに、今東京にいたら、、、、と思うと恐ろしくなります。

精神が崩壊していたかもしれません。

 

おおげさかもしれませんが、「死」に近づくリスクを高めると知りつつ継続しなければならない「仕事」ってなんでしょうか?

 

仕事をする目的

仕事はあくまでその人やその人が大切にする人を幸せにするためのものです。

そうでなければいけないし、そうあって欲しい。

 

もちろん、それ以上の使命感や責任感もあるでしょう。

医療従事者や警察官など自分の命すらなげうって他者を幸せにするようなお仕事もあります。

 

でも、結局はその方々もその仕事を自分で選び、その仕事に誇りをもって生活をする、その道を選んだのです。自分で。

 

なので、大きな目線で言えば、「仕事はその人を幸せにするためのもの」と言ってもいいと考えています。

 

東京を脱出してみて

首都圏に住み、東京に1時間半かけて通勤をする毎日を20年送っていました。

5分歩けばコンビニがどこにでもある。

ファーストフードもファミレスも車で5分も走れば選び放題、、

そんな生活から、今は真逆の生活です。

 

最寄り駅まで車で30分

最寄りコンビニまで車で20分

最寄りのファミレスがない

最寄りのマックもない

 

そんな山奥の別荘です。

 

ただ、移住前と移住後

どちらが楽しいか?と聞かれたら間違いなく移住後と答えます。

 

移住して感じた幸せ

幸せには2つあります。

マイナス要因が少ない幸せとプラスの要因が増える幸せ

マイナス要因が減った

日々のストレスがゼロになりました。

管理職をしていたこともあり、お休みの日も含め毎日がストレスの連続でした。

仕事を辞め、今は毎朝起きるのが億劫でなくなりました。

(仕事をしていた時は月曜の朝が来なければいいと思って日曜日、寝ていました、、、)

 

将来のどん詰まり感がなくなりました。

後3年、5年、10年後もストレスフルな毎日を送っているのかという人生に対する諦めみたいなものがあったのですが、それがなくなりました。

 

プラス要因が増えた

一日24時間を全部自分の好きな時間にすることが出来る幸せ

楽しいこと、やりたいと思った事に没頭出来ます。

それは、何よりもの幸せと感じます。

 

ゆとりある時間

空がキレイな朝だな、と思ったとき空を30分でも1時間でも見ていることが出来る幸せ。

今日星がキレイな夜だなと思ったら、カメラを持ってすぐに撮影に行けます。

 

人と会わないからこそ、人に優しくなれる

仕事をしている時は、人に諦めたり、不満に思う事が多く自分でも自分を嫌になる毎日でした。

今は、人と会う事がほぼないので逆に優しくあろうと自然に思えます。

 

田舎暮らしの楽しみ

これは、好き好きで人それぞれだと思います。

わたしの楽しみ5選をご紹介します!!

田舎での楽しみ5選

1位 料理して何でも自作にチャレンジ!

ういろう      バナナケーキ    大福        サツマイモ餡求肥つつみ

2位 DIY 修理を含め作れるものが全部自分で自作する。PCデスクやテーブル、棚など。

☞こちらローデスク作成の記事へリンク

他、ハンモックを木に吊るして遊んだり、ブランコを作ったり、、して遊んでます。

3位 畑作り(じゃがいも生育中!)

4位 ネット動画で昔のドラマを風呂で楽しむ(FODがお勧め(^^)/ )

☞こちら別記事へリンク別荘スローライフを動画見放題で楽しむ FODはこんなにすごい!!

5位 眠っていたギターを引っ張り出し再挑戦中(なぜか「あいみょん」にトライ)

 

生き方は自分で決める

世のなか、全員が一様な生き方だったらつまらない。

そんな風に思います。

10000人の人がいれば10000通りの生き方があるはず。

そんな社会の方が面白い!

 

おもしれ~~って思えることに熱中して終わる人生。そんな人生を追い求める。

その第一歩を踏み出したんだ、と実感。

 

人生には終わりがあります。どんな人にも最後の日が訪れる。

その時に、「やり切った!!」と思えるように。

 

リスクはどんな選択をしてもあります。

選ばないというのもリスクです。

 

楽しい時間を増やして行きましょう!!

そして一日が楽しい時間で埋め尽くされるように(^^)/

「目指せ自給自足」通信 じゃがいもを育てて生きろ!半自給自足生活

 

ハンモックで別荘ライフ ステキな時間で一日を一杯にするアイテム紹介

-セカンドライフ

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5