【ユーキャン】介護系資格一覧「結局どれを取得すればいい?」回答

ユーキャン介護総合

こんにちは!リモート研究所のwakuzoです。

コロナ禍もあって、医療、介護系の仕事についている方々の社会的な地位や役割が見直されています。

病気や老いによって困っている人へ、人として責任をもって対応する姿には感銘を覚えます。

ネットで稼ぐ

自分の身の危険を感じつつも、相手を助ける事に重きを置く。

そんなお仕事の業界で「人の役に立ちたい」と思う方に、介護系の資格についてお伝えします。

介護の資格にはたくさん種類があって、なにがなにやらわからない。

結局、何から取得すればいいの?と困っている方も多いかもしれません。

 

介護系資格について解り易くまとめます!

 

介護系資格一覧とその特徴

介護系の資格を一覧でまとめます。

資格名資格の種類一言で言うと受験資格職場業務リンク
社会福祉士国家資格社会福祉を支える専門家あり
HPで詳細確認
地域包括支援センター
特養老人ホーム
児童福祉施設
障害者福祉施設
入所者の相談業務
生活指導
スクールソーシャルワーカー
障害者への支援
7か月で取得可能
介護福祉士国家資格介護のエキスパート
唯一の国家資格
介護業務3年以上
or
福祉系学校卒業
HPで詳細確認
老人ホーム
デイサービスセンター
介護保険施設
在宅介護サービス事業所
身体介護(食事・入浴・
排泄介助)
相談・助言
生活支援
6か月で取得可能
介護支援専門員
(ケアマネージャー)
公的資格介護プラン作成の
スペシャリスト
所定の従事期間が5年、10年以上介護保険施設
社会福祉協議会
老人短期入所施設
有料老人ホーム
居住介護支援事業者
高齢者の相談業務
ケアプランの作成
プラン実施後のチェック
6か月で取得可能
福祉住環境コーディネーター民間資格高齢者、障害者に住みやすい住環境を提案するコーディネーター受験資格なし
3級、2級、1級
福祉施設
工務店
住宅設備メーカー
福祉用具の開発製造
介護支援業務への協力
3級(2か月で取得可能)
介護事務民間資格介護事業を支える存在なし
在宅受験可能
介護施設レセプト作成
ケアマネージャーのサポート
4か月で取得可能
介護食コーディネーター民間資格介護食の正しい知識の専門家なし
在宅受験可能
福祉・介護・医療施設の調理現場
ご自宅、献立作成
介護食ならではの調理法を修得6か月で取得可能
介護予防健康アドバイザー民間資格高齢者の健康的な暮らしをサポートなし
在宅受験可能
福祉・介護・医療現場
ご自宅
超高齢化社会で健康寿命を延ばす手助け3か月で取得可能
高齢者傾聴スペシャリスト民間資格耳と目と心を使って相手に寄り添うスペシャリストなし
在宅受験可能
福祉・介護・医療現場
様々なサービス現場
傾聴と通じ、高齢者のQOLを高めるスキルを修得3か月で取得可能
レクリエーション介護士民間資格レクを通じ高齢者QOL向上を目指すなし
在宅受験可能
様々な介護現場生きる喜び、楽しみを見出す活動をサポート3か月で取得可能
准サービス介助士民間資格高齢者や身体の不自由な方をサポートなし
在宅受験可能
サービス・接客業務
介護・福祉・病院
車いすの介助
視覚、聴覚障碍者とのコミュニケーション
4か月で取得可能
介護口腔ケア推進士民間資格自分の口でおいしく食べられるを支える専門家なし
在宅受験可能
介護・医療現場
訪問診療
歯科現場
口腔ケア
摂食・咀嚼・嚥下機能のトレーニング
3か月で取得可能

おすすめWライセンス取得

ユーキャン介護

様々な資格が乱立していますが、主軸となる資格は3つ。

国家資格である「社会福祉士」と「介護福祉士」と「ケアマネージャー」です。

どれかを主軸にして、それ以外の資格を取得するWライセンスをお勧めします。

住環境に興味のある方は「福祉住環境コーディネーター」

デスクワークで介護に貢献したい人は「介護事務」

身体を使って健康維持に貢献したい人は「准サービス介助士」

笑顔、楽しみを作る仕事でQOL向上させたい人は「レクリエーション介護士」

 

超高齢化社会でニーズが高まっている介護の仕事

超高齢化社会で平均寿命、健康寿命ともに右肩上がり、、、

平均寿命、男性は80歳、女性は87歳を超えています。

10年後も、20年後も間違いなくニーズがある、そんな業界はなかなかありません。

ただ、介護業界だけはある意味盤石です。今よりもニーズが減ることはない明確なデータがあるからです。

 

介護の仕事は他の業種と違って様々な関わりで、あなたにあった職種を見つける事が出来ます。

他の業種とは違う利点かもしれません。

 

あなたの得意分野で介護に関わっていくことが可能です。

まとめ

医療事務

介護の資格をとりたいと思う方はいろいろな理由があるのではないでしょうか?

仕事として職に就くため。

家族の介護の為。

仕事というよりは困った人の役に立ちたい。

 

今、仕事や生活の価値観を見直す方が増えています。

コロナ禍で「本当に大事な事ってなんだ?」と改めて考え直すきっかけになった2020年だったかもしれません。

 

医療や介護の業界で日々働いている方々がいる。

当たり前に思っていたことが、当たり前ではなかった。

日々陰ながら社会を支えている、その一員になってみるのも新たなチャレンジになるのではないでしょうか?

 

-ユーキャン, 医療・介護

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5