【ユーキャン食×健康】健康寿命を延ばして人生を楽しめる資格3選

ユーキャン健康寿命

リモート研究所のwakuzoです。

田舎暮らしを始めて早1年が経過、セミリタイア生活をしていますが「食」の関心は尽きません。

都会でしか出来ない食の追求もありますが、田舎ならではの追求方法もあるものです。

 

コロナ禍で在宅時間が増えた方へ。

有効に時間を活用し、コロナ禍明けの充実ライフに備えてみませんか?

自己満足もよし、飲み会や商談での話題作りに、大切な人との時間をより楽しくするために、、

知識があれば、使い方はあなた次第、どれだけでも活用することが出来ます。

コロナ禍明けに備えて有効に時間を使う方法紹介

 

いつか、コロナ禍は明けます。

その時に、コロナ禍前と比べてより楽しく過ごしたくありませんか?

 

コロナ禍だからこそ出来る時間の使い方

あなたが好きな趣味を深堀する作業にあて幅広い知識を修得すること

健康寿命を延ばす知識を手にいれる

将来を自ら切り開く!

 

「食」×「健康」をたのしく深堀

人生100年時代、食と健康の知識を知っている人と知らない人

あなたはどちらの人生を選びますか?

1日3食×365日×○年、、、100年とすると100,000食を超える食事を私たちはとることになります。

 

人間は食事で身体を維持しています。

医者にならなくても、必要な知識を得て、健康になるために必要な栄養を食事でとりたくありませんか?

人生100年、最後まで健康に過ごしたいものです。

健康寿命とは?

厚労省から出されている資料です。ざっとみて、健康寿命と平均寿命、男女ともに右肩上がりです。

嬉しい事ではありますが、懸念もあります。

男女ともに、赤色の平均寿命と緑色の健康寿命に10年程度の開きがあること。

健康寿命とは?
WHOが提唱した新しい指標で、平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間。

国連の世界保健機関(WHO)は健康寿命という新しい寿命の指標を取り入れました。これまでの平均寿命はいわゆる「寝たきり」や「認知症」といった介護を要する期間を含むため、生涯の健康な時期とに大きな開きがあることが指摘されておりました。

日本ではこの寝たきりの期間が欧米各国と比べても長く6年以上にわたります。
厚生労働省の掲げる「健康日本21」でもこの「健康寿命の延伸」を目的に種々の施策がなされています。

男性だったら8年、女性の場合12年も人生の末期に健康でない期間がある。

少し想像して見て下さい。好きなところに行けなかったり、好きな食べ物を食べられない、自由のない生活。

そういった時間は、少しでも短くしたいと思いませんか?

健康寿命を延ばして人生を楽しめる資格3選

健康でなければ寿命だけ延びても意味なしって思いませんか??

ただただ、ベットにいて一日が終わるのを待つ生活なんて、、、

 

その健康寿命を延ばすためにはどうしたらよいでしょうか?

こればかりは、お金で解決させることが出来ません。

逆に言えば、お金がなくても健康寿命を延ばすことは可能!!

 

なぜなら?

日々の生活習慣によって、健康寿命が決まるからです。

大きな病気などについては言及できる立場ではありませんが、病気以外での要因は自分でコントロール可能です。

食事(摂生含めて)と運動。

それらの日々の積み重ねでコントロールすることが出来るのです。

 

そのためには、誰かに頼るというよりも、自分自身で正しい知識を修得して、自分にとって必要な行動を選んでいく他ありません。

そんな工程を楽しみながら行えたらステキです!

■食育の側面から

食育実践プランナー

■食生活の側面から

食生活アドバイザー

■お料理好きの方

薬膳コーディネーター

 

番外編

発酵食品ソムリエ

野菜スペシャリス

 

資格取得後の健康な生活イメージ

健康寿命って、今まではそんなに大きく取り上げられませんでした。

でも、寿命が延びて人生100年時代と言われるようになってきて、やはり健康が大事と再認識されるようになってきたのではないでしょうか。

日本は世界に比べ、平均寿命と健康寿命の差が大きいのも特徴の1つです。

 

夫婦で楽しく老後を過ごしたい。

身体が多少動かなくなっても、支えあいながら笑って生き生き過ごしたい。

そんな風に、だれもが思う人生の最終章。

 

あなたが健康に人生の最終章を生活しているイメージを持つことから始めてみましょう。

○ 夫婦で毎朝テラスで鳥のさえずりを聞きながら食事。コーヒーをストーブで沸かして、ゆったりと時間を気にせずに過ごすひととき。

○ 朝食後、日課の散歩。季節ごとの植物と野鳥の観察。

○ お昼は、自家製味噌でつくる味噌煮込みうどん。出来ればうどんも自家製手打ちで。

○ 30分、食後のお昼寝を終えたら、薬膳ティーでリフレッシュ。

○ 読書などの好きな時間の過ごし方をそれぞれ楽しむ。ゆったりとハーブ入りのお風呂でリラックスタイム。

○ 夕飯は生活習慣を・・・気にしつつ、鍋を囲んで熱燗をたしなむ時間。

秋には牡丹鍋、冬にはあんこう鍋、、季節ごとに旬を楽しむ食生活、、夫婦での旅行の計画なんかを話し合いながら、、、ゆったりとした時間が過ぎていく。

時間は万人に平等に与えられます。

その時間をどのように過ごすか?全て自分次第です。

健康寿命は自分で延ばす(まとめ)

人生100年時代、あなたはどういった人生にしたいですか?

コロナ禍もあり、仕事だったり生活に対する価値観が大きく変化しようとしているように感じます。

 

「仕事=人生の大半」

仕事を終えた時に、定年うつになったりする人がいる世の中。

そんな生き方も1つだとは思いますが、新たな価値を生み出していく選択もあります。

 

健康な自分は、最後自分で作っていく他ありません。

あなたらしい、完全燃焼人生を遂げるために、健康寿命は必須パーツ。

元気なうちに、必要なインプットを総合的に完了して、正しい行動に繋げませんか?

コロナ禍明けに備えて有効に時間を使う方法紹介

 

いつか、コロナ禍は明けます。

その時に、コロナ禍前と比べてより楽しく過ごしたくありませんか?

 

コロナ禍だからこそ出来る時間の使い方

あなたが好きな趣味を深堀する作業にあて幅広い知識を修得すること

健康寿命を延ばす知識を手にいれる

将来を自ら切り開く!

 

-ユーキャン, 健康
-

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5