人生は一度きり いつでも第二の人生をスタートできる

人生は一度きり

 

あなたは生まれてきて今日まで生きています

その人生は一度きりです

 

しかも、もしかしたら、明日終わるかもしれない

明後日かもしれないし、5年後、10年後、・・・

いつ終わるかわからない人生をみな生きています

 

そんな当たり前のことがわかっていながら、考える事から目を避けていませんか?

 

例えば・・・

1週間後、惑星が地球に衝突して一瞬で消え去るということが報道さらたら?

100人いる世界の学者が100人ともにひとたまりもなく、一瞬で人類が、地球が消え去ると言われたら?

残りの7日間、どう生きますか?

 

どう生きるか?見直す

 

あなたは、その一週間をどう生きるでしょうか?

それでも最後の日まで自分の仕事を全うする、という人もいるだろうとは思います

 

お医者さん、消防士、警察官、介護士

困っている人を放り出せない、最後まで一緒にいる

そんな風に思える人は素晴らしいですね

 

ただ、多くの企業に勤める会社員はどうでしょうか?

 

残り24時間×7日

どう過ごしますか?

 

私はその残り7日間を過ごすように、残りの人生を生きたい!!

そう思って退職を決め、第二の人生をスタートしました

あなたは、どう考えますか?

 

人生は有限

 

40歳も過ぎると、体に異変を感じることが増えてきます

10代、20代、若い頃鍛えた体の貯金は30台には使い果たすのだそうです

いろいろな箇所にガタが来て、その事実を目の当たりにすることに
私の場合、、、

  • 肩があがらない←40肩なんて迷信みたいなものと思い込んでいたが違った、実際に痛い
  • ホームまでの階段を最後まで駆け上がれない←実際駆け上がろうとも思えなくなる
  • しゃがむのがつらい←しゃがんだままならよいが、しゃがんだあと、ひざを伸ばすのが辛い
  • 近視で眼鏡なのに近くの物が見えない←老眼というヤツだ~

20代、30代では「人生に終わりがある」なんて考えもしなかったし、リアルに考えられませんでした

50歳を目の前にすると、リアルにあと何年生きられるか、考えるようになります

元気に生きている、健康寿命があと何年か、、、

良くてあと20年か、、、と考える(途中で歩けなくなるかもと言ったリアルな不安)

 

そんな年齢になって突き付けられた問

「いかに人生を全うするか?」

リアルに「最重要事項」になってきています

 

好きなことをして生きるという選択

 

好きなことをして生きている人が世の中にはいます(とても少なく感じますが、、、)

芸能人、芸人、スポーツ選手、俳優、音楽家、芸術家・・・

そんな人達を、我々は羨ましく思いつつ、テレビで眺める暮らしをしていく

仕方なく、そこそこの仕事をして、会社や上司の文句を言いながら過ごす毎日

 

その違いは何でしょうか?

才能もあるだろうとは思います

もう一つ確かなことは、諦めた者と、諦めず努力を継続した者ということでは?

 

我々はいつだって新たなスタートを切ることができます!!

おっさんにも出来ます!!

 

好きなことを諦めず、夢を追い求めるおっさんに自分がなる!!

 

好きなことをして生きている人を見ると、羨ましいと思う

それなら、その羨ましいと思う人達の側に立てばいい、もしくは立つ努力をすればいい

そんな風に、決意し、新たな挑戦をスタートしました、興味のある方は☞コチラ

 

「死」を思う事で、新たな決断が出来る事もあります

有限な時間、あなたはどうやって使いますか?

 

私の最初の一歩

早期退職して田舎別荘へ移住、セカンドライフを新たにスタートしました

また、

「ニッポンに元気なおっさんを増やす会」を発足して、まず私が最初の会員になりました!

 

ニッポンに好きなことをして毎日楽しく暮らすおっさん(もちろん女性もです!)が増えて行ったらいいな~

そんな集まりがあったら楽しいだろうな~と妄想しています(^^)/

 

死について、スティーブジョブズも卒業する若者へ向けたスピーチで述べています

良い我慢と悪い我慢 スティーブ・ジョブズに学ぶ

-wakuzoダイアリー
-, ,

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5