ふるさと納税 地方を応援しつつ地方の特産品をおいしく頂く 早期退職したおっさんの生活防衛

ふるさと納税ってそもそもなに?

各種のふるさと納税サイトがあります

それぞれで説明がなされています

「ふるさと納税とは、任意の自治体へ行う寄附のことです。
個人が2,000円を超えるふるさと納税(寄附)を行った際、原則として所得税・個人住民税から一定の上限まで寄附金額が控除されます」   (ふるなびより引用)

年間で寄付金2000円を超える金額(それぞれの収入によって上限がある)は税金から控除されることはわかりました

(税金を納める側にはとても良い仕組みだと思うんですが、、税金を集める側からすると
いいんですかね、こんなシステムでと考えてしまうのは私だけ??)

分かりにくいポイントを挙げて説明してみますね

上限額ってなに?いくらまでふるさと納税出来るの?

私、税理士でもなんでもないので、サイトの力をお借りした方がいいかな~って
詳細はコチラにシミュレーションがあります
私が愛用している「さとふる」の画面に飛びます

おおよその目安つけてからじゃないと、怖くて返礼品とか選べないですよね(^^)

2000円の寄付って毎回負担するの?

これは年間で1回の自己負担が発生するだけです。毎回ではありません

税金の控除っていつされるの?

2019年中(1月1日~12月31日)の寄附金は
住民税の場合;2020年6月以降に納める住民税から控除されます
所得税の場合;2019年の所得税から還付されます

確定申告とか面倒なんですが

サラリーマン等の給与所得者はワンストップ特例制度を利用でき、確定申告の必要はありません
寄付した自治体とお住まいの自治体とがやり取りをしてくれて手続きを進めてくれます
(寄付先が5自治体となりますので注意して下さい)
寄付するときに寄付先に特例制度を利用するという項目に☑をいれる
寄付先から「特例申告書」フォーマットが届くので必要事項と必要書類を添付して寄付先に郵送する
上記作業は必要になります

 

ふるさと納税のメリット

返礼品が貰える

まず、これがダントツの魅力でしょうね
肉、魚、魚卵、米、フルーツ、味噌、醤油、なんでも日本国中の物産を返礼品として各自治体が扱っているのが楽しいですね(^^)/
私は肉と魚卵と米!!

いろんな地域に寄付できる

広い日本のいろんな地方に自分が選んで寄付できるって素晴らしいですよね
こんな場所で豚肉が特産なんだとか魚が獲れるんだとか、ふるさと納税を介して学ぶこともあります

寄付したお金の用途まで指定できる

若干、ほんとか?と思う所もあるのですが、すばらしいシステムですね、、
教育とか、環境とか、子育てとか、、、たくさん用途を選ぶことが出来ます
自然環境保全に関心が高い方などは、自然を守ることに使ってもらえていると思えば寄付したかいもありますよね

 

私の利用方法

ザクっと簡単にお伝えします

基本は以下のことをポイントにして選んでいます(もちろん返礼品で100%選んでいます)

〇 自分の好きな物であること
〇 他自治体に比べお得感があること
〇 小分けにして冷凍出来るようなもの(あまりフルーツとかは選んだことがないです)

過去に頼んでとても重宝したもの
〇 めんたいこ(切れ子とかばら子のもの) 小分けにして冷凍
パスタ、ご飯のお供、弁当、おにぎり、パンに塗るなどとっても役立ってます
冷凍しても特に味が落ちることもありません
〇 豚肉
牛肉もたくさん返礼品としてあるんですが、豚肉の方をお勧め(牛肉も好きなんですよ!)
日常的によく使うし、料理の幅も豚肉の方がたくさんありますよね
自治体によっては、ロース、モモ、バラ肉、ひき肉のセットなんてのもありますよ
〇 チーズ詰め合わせ
個人的に好きというのももちろんありますが、小分けでパックされているので保存も利きます
ワインとか開ける時に、アレあったな~~と冷蔵庫からだして食べてます
〇 お米
何キロあっても重宝しますが、特に新米の時期を狙って頼んでいます
いつも同じスーパーで買っていると同じ米を食べがちなところ、返礼品だと日本の
いろんな地域のお米を楽しめますよ

いつまで続くかわかりませんが、制度のあるうちに、楽しんでいきましょう!!
これも生活防衛の1つですね

最後まで読んで頂きありがとうございました

-支出管理

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5