仕事を辞めてみて感じること オレの20年、なんだったんだろうな~~?(^^)

仕事を辞めて3か月が経過

20年務めた会社を早期退職、田舎別荘に移住してセカンドライフをスタートさせたおっさんです
記録として会社勤めをしていたころを振り返り、まとめ記事として書いておこうと思います

セミリタイアをいつかしてみたい、このままの人生では将来を見通せないと思っていらっしゃる方にとって少しでもお役にたてれば嬉しいです

ストレスの日々

あのストレス社会はなんだったんだろう?とたまに振り返ります

嫌な思い、不愉快な思い、人として気持ちの悪い思いをたくさんしてきました

 

仕事だから仕方がない、そう言い聞かせてストレスに負けまいとしてきた20年間

そして、自分自身の考え方、感情までバリアを張って感情が薄れていきました

役割を演じることが人生のメインになり、自分自身の好き嫌いまでが曖昧になるような生活でした

 

人間の見たくない所、意地汚いところ、自分だけは楽をしようとするところ、自分をよく見せようとするところ、人のせいにして自分は悪くないという保身の心・・・

見たくない部分をたくさんたくさんみて来ました

そして壊れました

疲弊して、心の弾力がなくなり、糸が切れました

 

セカンドライフの目的

私には正解は解りません

今の目指すところは不愉快な思いをしないで稼ぐ力を身に着けること

 

人はもっと健康に楽しく生きていける

 

それを実証したい、それが私の第二の人生の目的になりました

 

七つの会議からの学び

オレの20年、なんだったんだろうな~~(by 七つの会議香川照之より)

七つの会議(映画)、あなたは見ましたか??

八角(野村萬斎)
坂戸(愛之助)
北川(香川照之)⇒北川さん、いい味だしてたなぁ~~(^^)/
原島(ミッチー)

最後の最後、巨悪を暴いた後に八角と一緒に戦った北川(香川照之)が苦い顔でいいます

「オレの20年、なんだったんだろうな~~」

彼は会社に身を捧げ、優等生としてバリバリのキャリアを積み上げてきたサラリーマンでしたが、悪に負けず、悪事を暴く側に回る役として好演します
(個人的に香川さんは大好きな俳優の一人、どんな役柄もいい、モズもいい!)

「会社の歯車にはなるな」

私は、そんな風に自分に言い聞かせつつ19年が過ぎました、あっという間に
知らぬ間に、歯車になっていたんだ、辞めても会社は通常通り回っていく
そんな風に思いました
どんなにがんばっても、どんなに役割が増えたとしても、一つの歯車なんですね

北川(香川照之)は巨悪と戦い、会社を辞め、最後のワンシーンで、ビニールハウスのバラをムシャクシャした顔で食っています(笑)
転職先がバラの農園とかだったんですね、、、
なんか、会社一辺倒でやってきた、利益最優先で部下を罵倒してきた北川さんがいとおしいな~~と思ったのは私だけでしょうか?ほほえましいシーンでした(^^)/

 

仕事を続けるメンタル「一つの解」

会社組織との付き合い方、組織で働くときのメンタリティとして

今考えれる1つの解です

〇「歯車として頑張る、いい歯車になるために」

〇「歯車として一定の期間、会社を利用する」

上記のことをお勧めします

会社は最後、あなたを守ってくれません!だから逆に利用すべきです!

ただ、私は会社に寄り掛かって、自分の仕事以上に給料を貰いながら文句を言っている人に何人も会ってきました。そうはなって欲しくありません

自分の給料の何倍も仕事をする
その中で自分自身に力をつける(世の中、どこへいっても稼げる力)
一定のあなたが決めた期間を終えたらスッパリと辞めて第二の人生をスタートさせる(あなたは給料以上に仕事をできる人間になっているはずです、引き留められるでしょうが、きっぱりと辞め、ミッション達成に向けて第一歩を踏み出すのです!)

上記の方法が一番正しいのではないか、今はそう思っています

良好な関係を築けていれば、そのあと取引相手として元の会社を利用すればいい

その位の大きな視点で会社とは付き合っていかなければいけないのだと感じます

人生がより楽しくなる!人生を4ステップに分けて考えてみる

 

早期退職旋風の世の中

上場企業でも早期退職(ようするに制度上の肩たたき)が流行っています

ネットニュースでも毎日、目にするような世の中になってきています

 

東京商工リサーチ発表(10月9日)

1月から9月における上場企業の希望・早期退職の実施状況に関する調査結果

公表したのは27社

募集人員 合計1万342人

(最多は富士通2850人 東芝1060人など)

これ以外にキリンHDなども早期退職者の募集を実施、年末にかけてこの数字はもっと増えていくことが予想されるという記事でした

大半は業績不振を理由による早期退職者募集ですが、業績が堅調な会社も含まれており、先を見据えた先行型の募集もあるという

 

多くの企業が人で不足なはずなのに、早期退職制度を利用するのはなぜか??

居なくなっても困らない社員がそれだけいるという事の裏返しですね

また、歳月を経て、給料がそれなりに上がってしまった人達を減らしたいんです
(平たく言うと40代後半位からの、役職名が付いている人達の事)

そんな組織にしがみつく理由がありますか??

 

早期退職の応募があり「迷っている」という人達へ

迷っているなら止めるべきです、応募するのを止めるべき!

会社にしがみついてください、少なくても今は!

なぜか、迷っている時点であなたは準備が整っていない証拠だからです

理想は

〇年の〇月までには辞めると決めて、その後の計画を今から練る

そして早期退職の声がかかった時、「よし、今だ」と決断する

そうすれば、あなたは気持ちよく辞め、何割増しかの退職金をもらい、そして準備を進めていた第二の人生のスタートをこれ以上ない形でスタートすることができます!!
(私は残念ながら、理想型ではありませんでしたので、ぜひ頑張ってください)

 

会社に居ながら、次の3ステップを実行するのが一番の方法なのではないでしょうか

step1.会社に給料以上の貢献をする

 step2.自己成長を成し遂げる

 step3.計画的にやめ、第二の人生をスタートする

 

第二の人生の生活などについても当ブログで書いています

良ければ、読んで見て下さい!全て実践の記録です

 

豪華俳優陣の活躍、特に香川照之のバラを食うシーンに注目!!←おっさんが見ても可愛らしい(^^)/

 

 

映画を見て、ドーナツを食べたくなった人はコチラからどうぞ(^^)/

 

-wakuzoダイアリー
-, ,

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5