もったいない 物だけに使う言葉なのか、かけがえのない時間

もったいないとは

簡単に自己紹介します
46歳で鬱になり20年務めた会社を早期退職。田舎の別荘に移住してセカンドライフをスタートさせたおっさんです。都会の喧騒から離れ、ストレスがゼロに!!山の上からの絶景を毎日眺めながら日々、楽しく生活することを第一にいろんな楽しいことに挑戦していこうと企んでいます!(^^)/

今回はもったいないという言葉、時間の使い方についてです

「もったいない」(勿体無い)とは、物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、嘆く気持ちを表している、日本語単語である。

「物体(もったい)」とは、元来は仏教用語である。また、「勿体無い」は、もともと「不都合である」、「かたじけない」などの意味で使用されていた。現在では、それらから転じて、一般的に「物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている」状態やそのような状態にしてしまう行為を、戒める意味で使用される。

「もったいない」というと多くが「物」に対して使われるように思います

食べ残しがもったいない
新品を購入したのに使わずにもったいない
プレゼントを貰ったのに、好みじゃない、もったいない

この言葉を時間に対して使う人がどれだけいるでしょうか?

道に迷ってしまい1時間余計にかかった、時間がもったいない
渋滞にひっかかって倍の時間を要した、時間がもったいない
無駄な飲み会に参加、二次会まで付き合わされた、時間がもったいない

使うときには使いますね、、

 

1日の内、好きな事の出来る時間は何時間ある?

「物の本来あるべき姿がなくなる」のを惜しみとあります

「我々には望む生活があります」

 

あなたは仕事に費やす時間をもったいないと思う事はないでしょうか

もちろん、望む生活をするための手段として仕事をするわけですが、、、

1日8時間、週5日、人は仕事に時間を費やします
それを当たり前のことと思っている
本当にそうでしょうか?

通勤の時間を入れたら10時間(片道1時間)、多い人だと1日24時間のうちの12時間(片道2時間)
仕事に関わる時間となります
家で仕事の事をしていたら、もっとですよね、、

睡眠の時間を6時間とすると、、、12+6=18時間
残る時間は6時間
朝ごはん、夜ご飯を食べる時間、着替えとかお風呂とか歯磨きとかトイレとか、、
そんな時間を2時間くらいとすると、、
残る時間は4時間

1日、好きなことを出来るのはたった4時間!!と言う事になります
(感覚的には、私は繁忙期もっともっと少なかったように感じます、、、帰って寝るだけ、みたいな)
1/6、たった16.7%です

1日24時間、公平に与えられた時間です
その大切な時間、あなたはどうやって使いますか?どうやって使いたいですか?

 

仕事に人生(時間)費やすことはもったいなくないか?

もちろんお休みの日もあるので、その日を充実させればいいんだという見解もあるでしょう
(私は社会人生活の後半はそうやって思い込もうと努力していました)

ただ、週の5日間、我々は仕事で多くの時間を費やします

休日を除けば、人生の16.6%以外の時間を「仕事」に捧げるのです!
(仕事に関わる電話とか準備、思考している時間なども含めればもっと多くの時間になります)

逆説的になってしまいますが
私は、人生の一定の時期は死ぬほど仕事をすればいいと思っています
仕事すること自体を否定はしません

ただ、一定の期間が過ぎたら、働き方、ライフスタイルを見直すのがいいのでは?と思っています

仕事に時間を費やすことを止め、自分の好きなことに時間を費やす

物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しまない生活をするんです!!

あなたが本来あるべきと思う生活があるはずです、それを実践する生活に移行する

あなたがしようと思えばその夢は叶えられます

生活はどうする?仕事は?収入は?いろいろな不安は尽きないでしょう
それは「あなたの望む生活がたくさんのお金なしには出来ない場合です」

あなたの望む生活で、本当にそんなにたくさんのお金が必要でしょうか?

私は、税金や保険、光熱費、別荘地の管理費などを除いて等を除いて、平均して1日1000円も使っていません。特に質素とも思いませんし、ギリギリの生活をしているわけでもありません
(今日の朝ごはんはベーコンとキャベツのホットサンドを作って食べました、激うまです!!)

田舎でおだやかに暮らすのに、お金ってあんまりいらないんだな~と実感している毎日です

「あれっ??財布どこいった??」みたいな感じ(笑)、財布を開く事自体がへります

 

かけがえのない時間を何に使いますか?

私にとってもあなたにとっても時間はかけがえのないものです

取返しもきかない、お金でも買えないもの

したいことをどこかに投げやって仕事についやすのは「もったいない」ことでは?
我々の人生は有限で一度きりですしね

私の場合、本当にしたいことを書き出し、絞り込み、それを今実現すべく行動に移しています
一つ一つ、実践して現実のものになっていくのはほんとうに楽しいことです

〇田舎への移住→実践完了!!
〇猟銃免許取得→合格!!あとは諸手続きを進めている最中
〇日本一周→計画中

・・・関連記事はコチラ

ほんとうに「したいこと」3つ 早期退職したおっさん闇の中で光を探す

 

あと、会社員時代にはできなかった「親孝行」をしようか
(心が疲弊していて、せっかくの休みに親に会おうとか思わなかったですね、実際(笑))
両親が元気なうちに、やれることをする
それこそ、もったいなくない時間の使い方なのでは?と思ったからです

先日、2泊3日の旅行に行きました、両親と3人で行く旅行なんていつ以来か?
天気にも恵まれ、良い旅行になりました
(一緒にいると、うるさく感じることもあるわけですが、、、)
お陰で両親にも非常に喜んでもらえました、これも親孝行かなと

かけがいのない時間、あなたは何に使いますか?

もったいなかった、と後で振り返って思わないように

もったいなくない時間を使えるようになりましょう!!

私もその視点を見失わないように楽しい計画を前に進めていきます!!

 

-wakuzoダイアリー
-,

© 2021 リモート研究所 山頂テラス Powered by AFFINGER5